本文へスキップ

西風新都のこころ皮ふ科クリニックです。皮ふ科一般の治療と皮ふ外科、レーザー治療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-849-5477

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303

帯状疱疹のワクチンvaccine of HZ

帯状疱疹とは

水ぼうそうのウイルスで生じる病気です。
皮ふ科で「痛い!」というと、その代名詞になっているほど、痛みを伴う厄介な疾患です。

特徴は、
  • 必ず、左右どちらかのみ皮疹が生じます。両方とも生じることはありません。
  • 最初は痛みから始まり、数日後から赤い皮疹が生じます。そして、徐々に水ぶくれが認められるようになります。
  • 程度はさまざまですが、それなりに痛みを伴います。(若年者ではかゆいといわれる方も多いです)
  • 高齢者に多い疾患です。しかし、水ぼうそうに罹患したことがある方(あるいは、ワクチン接種の経験がある方)であれば、誰にでも生じる可能性があります。小学生に生じることもまれではありません。
  • 皮ふの病変が治った後も、神経痛だけが続くことがあります。これを帯状疱疹後神経痛といいます。年齢に比例して痛みが長引くことが多く、70〜80歳台では30-50%の方に半年以上の神経痛が残ると言われています。 実は帯状疱疹で一番辛いのはこの神経痛が長く続くことです。



右腹部から背部に皮疹が認められます。最も帯状疱疹の多い部位です。


顔面に生じることも多いです。特に、額から上眼瞼にかけて生じると、ヘルペス性角膜炎を生じることがあるため、注意が必要です。



帯状疱疹の予防、、、、必要か否か?

発症してしまった帯状疱疹には、抗ヘルペスウイルス薬を内服するなどで治療を行います。
帯状疱疹の治療については、煩雑になるのでここでは触れません。

この帯状疱疹には、80歳までに3人に1人が罹患すると言われています。
逆に言うと、80歳までには3人に2人は発病しません。平均寿命を考えると、おそらく、半数程度の方は一生涯発病せずに人生を終えることになります。

ですので、帯状疱疹を予防するべきかどうかという問いかけに答えることは難しいです。
約半数の人間には無用のことになるのですから。

ちなみに、私のような皮ふ科医は帯状疱疹になることがとても少ないと言われています。小児科医の帯状疱疹も少ないそうです。
なぜでしょうか?
皮ふ科医は日常的に帯状疱疹の診察を行うため、その都度ウイルスに対する免疫が上がるためと思います。(実証はされてませんが。)
小児科医も水ぼうそうの治療をするため、同じことが言えます。

しかし、日常的にウイルスに暴露することのない一般の方にとっては、ワクチンの接種する以外にこのウイルスに対する免疫を高める方法がありません。
つまり、予防するためには、ワクチンの接種が必須ということになります。
必要性は各自が判断ですね。



帯状疱疹のワクチン療法

まず、はじめに
帯状疱疹のワクチンは50歳以上が対象になります。
帯状疱疹の罹患率が、50歳以上で高くなることがその根拠のようです。
また、任意接種です。つまり、保険は効きませんし補助もありません。(例外的に名古屋市のみ助成があるようです。残念ながら、広島では助成はありません。河村市長、さすがですね。)

ワクチン療法には2種類の薬があります。
@ 水痘ワクチン
A シングリックス


水痘ワクチンはいわゆる「水ぼうそうのワクチン」です。
子供に投与されるワクチンと同じものです。以前から帯状疱疹の予防としても使用されてきました。

シングリックスは、2020年1月に認可された全く新しいワクチンです。帯状疱疹の予防のみに使用されます。極めて予防効果が高いワクチンですが、治療費もとても高いです。

どちらの薬がよいかは次の表を見て考えてください。




水痘ワクチン VS シングリックス

各々の特徴を表にまとめました。

   水痘ワクチン シングリックス 
ワクチンの種類  生ワクチン  不活化ワクチン 
 接種回数  1回 2回 
2ヶ月後に2回目が必要
 予防効果 50〜60%  90%以上 
 持続期間 5年程度  9年以上 
 副反応  接種部位に痛み
発赤、軽度の腫脹
  接種部位に痛み(筋肉注射)
発赤、軽度の腫脹
 料金 9,000円 (税込)  22,000円(税込)/回

次に、各々の長所と短所を示します。

   水痘ワクチン シングリックス 
長所 1回の投与でよい
治療費が安い 
予防効果が高い
持続時間が長い
不活化ワクチンなので、 免疫抑制剤や抗癌剤を使用中の方にも使用できる。
1週間で他のワクチンを接種できる。
短所 持続時間が短い
予防効果は劣る
免疫が低下している方には使用できない。
他のワクチンを接種するまで1ヶ月待たなければならない。
接種部位の疼痛が強い
2回の接種が必要
治療費がとても高い

現在(令和3年3月時点)、国民のほとんどがコロナウイルスのワクチンを待機中と思います。
水痘ワクチンを接種すると1ヶ月間はコロナウイルスへのワクチンを接種できなくなるので、現時点で帯状疱疹のワクチンを接種するのであれば、接種までの期間が短いシングリックスの方がよいかと思います。



帯状疱疹のワクチン療法の治療費

まずは診察を受けて頂きます。
その上で、ワクチンの接種か可能かどうか判断します。可能であれば、どちらのワクチンを接種するかを決めます。
ワクチンは取り寄せになります。
接種の日程を決めた後に、ワクチンを発注することになります。

水痘ワクチン 9,000円 (税込)
シングリックス 22,000円(税込)/ 回
※2回必要なので、44,000円かかることになります。


こころ皮ふ科クリニックこころ皮ふ科クリニック

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303
TEL 082-849-5477
FAX 082-849-5478