本文へスキップ

西風新都のこころ皮ふ科クリニックです。皮ふ科一般の治療と皮ふ外科、レーザー治療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-849-5477

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303

オルミエントolumiant

新しいアトピー性皮膚炎の内服薬です。

2020年12月25日にアトピー性皮膚炎の治療に追加された内服薬です。


4mgと2mgの薬剤があります。錠剤です。
正式には「ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤」と呼ばれる内服薬です。

アトピー性皮膚炎に適応がある内服薬としては、
2008年10月のシクロスポリン(薬品名ネオーラル)以来、実に約12年ぶりの登場です。
(かゆみに効果のある、抗アレルギー剤は除きます)

とても有効な治療薬のようですが、デュピクセントと同様にとても高価な薬剤です。
また、治療を受けるためには、感染症に対する事前の検査を内科などで受けて頂く必要があります。
その意味では、われわれ皮ふ科医が処方するには、デュピクセントよりも少しハードルが高い薬剤でもあります。

ただ、検査は半年に一度かかりつけの内科で受けてもらえば大丈夫です。
注射に抵抗がある方は、デュピクセントの代わりに選択してもよいかもしれません。



オルミエントの機序について

分子標的薬ですが、生物学的製剤ではなく免疫抑制剤に分類されるようです。

実は、オルミエントの適応追加の前の2020年6月に外用ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤」として、コレクチム軟膏が発売されました。
詳しくは、アトピー性皮膚炎の治療のページをご参照ください。

ですので、基本的な作用機序はコレクチム軟膏と同じです。

簡略化して述べますが、
アトピー性皮膚炎の発症、増悪などに関与している IL-4、IL-13、IL-5、IL-31などを介した情報伝達を阻害することで、炎症メカニズムの過程をブロックすると言われています。



この情報伝達に関与するのが、「JAK/STATシグナル伝達経路」といわれる経路です。
オルミエントは、JAKの活性を阻害することでこの経路の情報伝達を阻害しています。
その結果、炎症や皮ふのバリア機能の低下を防いでアトピー性皮膚炎を改善します。

正直、正確な薬理作用は院長にもあまり理解できません。
アトピー性皮膚炎の発症に関与するコアな部分をおさえていると理解して頂ければよいかと思います。



オルミエントの効果について

まだ、自身の使用経験がありませんので治験のデータでしか判断できませんが、
治験のデータでは、とにかくかゆみを抑える力が強いようです。

内服して翌日には劇的にかゆみが減少しています。
皮疹については概ね1ヶ月で効果がピークになるようです。



オルミエントの治療基準

基本はデュピクセントと同じです。
さらに、オルミエントを投与するためには、感染症に対する検査が必要となります。

@既存の治療で効果が不十分な中等症〜重症の成人アトピー性皮膚炎患者
つまり、ステロイド外用やプロトピック軟膏外用でコントロールできている患者さんには投与できません

A15歳未満には投与できません。また高齢者への投与は勧められていません。
小児への適応はありません。現状では高校生以降(15歳以上)の治療になります。
65歳以上への投与には慎重を期すように記されています。

B多額の費用が負担できる方、あるいは何らかの補助が受けられる方
治療費については下に正確に記載しますが、1ヶ月に約44,270円の治療費がかかります。かなり高額ですが、大企業のお勤めの方や公務員では、一定額を超えると補助がある場合が多く、職場で確認して頂くとよいかもしれません。

C外用治療も併用できる方
この意図はよくわかりませんが、オルミエントのみに頼らず外用もしっかり続けるようにと明記されています。オルミエントで治療しても、いずれは外用主体の治療に移行するための伏線だと思います。

D妊婦、授乳婦
妊婦には投与できません。授乳婦にも投与を控えるように記されています。

E感染症と腎機能低下の否定が必要です
あらかじめ、血液検査、胸部レントゲン、ツベルクリン反応などで、感染症を否定する必要があります。同様に、血液検査で腎機能障害がないことを確認する必要があります。

これについては、次の項で説明します。



オルミエントの投与前検査

結核、B型肝炎、C型肝炎、腎機能障害がないことを確認する必要があります。

皮ふ科開業医でオルミエントを使用しがたい点は、この投与前検査にあります。
皮ふ科開業医でレントゲンが撮影できる設備を持つことは一般的ではありません。例に漏れず、当院にも設備がありません。
そのため、これらの検査を内科あるいは外科などで受けて頂く必要があります。
また、この検査は2回/年で継続して頂く必要があります。

つまり、皮ふ科開業医単独で治療を開始することができません
当院であれば、近隣の内科に検査をお願いすることになると思います。

ここがデュピクセントとの大きな違いですね。
なかなかハードルが高い薬剤ということになります。



オルミエントの投与に対する条件

投与前検査が問題ないとしても、
デュピクセントと同様に投与においてはたくさんの条件が付けられています。

まず、われわれ医療側としては、
@医師免許取得後2年の初期研修を終了した後に、5年以上の皮膚科診療の臨床研修を行っていること。
という条件があります。
もちろん、当院ではこの基準をクリアしていますので、問題ありません。

次に、患者側としては、
A成人アトピー性皮膚炎と診断されており、かつステロイド外用剤やプロトピック軟膏にて6ヶ月以上治療を行っている。(あるいは、副作用や過敏症のため、これらの外用療法が継続できない)
という条件があります。
でも、普通に考えると、この条件をクリアできていない患者さんにオルミエントを投与することはないと思います。

そして、最後にちょっと大変な条件があります。
B次の3つの項目を判定して、一定のスコア以上である必要があります。

 ○IGAスコア が3以上
 ○全身又は頭頸部のEASIスコア が16以上 
 ○体表面積に占めるアトピー性皮膚炎病変の割合(%)が10%以上

これらのスコアは、医師が皮疹の状態を見て判定します。
ですので、患者さんにはこのスコアを気にして頂く必要はありません。
軽症のアトピー性皮膚炎には投与しないようにという、われわれに対する戒めだと思います。



オルミエントの内服法



オルミエント4mgを1日1錠、毎日内服します。
内服はいつでも大丈夫です。食前、食後のいずれでもかまいません。



オルミエントの治療費

オルミエント4mg 1錠が約5,000円です、
つまり、1日5,000円を食べているようなものです。
かなり高価な治療であることがわかると思います。

治療費の概算ですが、
 オルミエント4mg  4週間 8週間  12週間 
 薬剤費総額 147,560円 295,120円  442,680円 
 3割負担の方の医療費 44,270円 88,540円  132,800円 

当面は、1ヶ月分ずつの処方になります。
そのため、いずれの所得の方でも、高額療養費制度の適応には該当しません。



こころ皮ふ科クリニックこころ皮ふ科クリニック

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303
TEL 082-849-5477
FAX 082-849-5478