本文へスキップ

西風新都のこころ皮ふ科クリニックです。皮ふ科一般の治療と皮ふ外科、レーザー治療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-849-5477

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303

にきび(尋常性ざ瘡)acne

ニキビの原因

思春期になると男女とも男性ホルモンの分泌が活発になり、その影響を受けて皮脂の分泌が盛んになります。また、毛包周辺の角層が厚くなり、毛包が詰まりやすくなります。そのためにニキビは思春期にできやすくなり、成人すると自然によくなっていきます。いわゆる「青春のシンボル」といわれるのはこのためです。
また、思春期以降のニキビは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスの崩れが一因とされ、思春期のニキビとは経過や好発部位が異なります。

つまり、以下が原因です。
  1. 男性ホルモン
  2. 毛穴の角化
  3. 皮脂の分泌亢進
  4. ニキビ菌の増加


男性ホルモンが毛穴を角化させ、皮脂の分泌を促進します。
その結果、毛穴の中に皮脂が詰まった状態が生じます。これを面疱(めんぽう):コメドといいます。
さらに、ニキビ菌が増殖すると赤いウミをもった硬い皮疹になります。


ニキビの経過

ニキビの症状は上記の原因により、進行性に変化します。
次におのおのの段階での症状を記載します。
ディフェリンゲル0.1%のHPから引用、転載)


ニキビの前段階です。まだ、皮疹はありません。しかし、毛穴の中では皮脂が詰まって、ニキビができようとしてます。


いわゆる白にきびです。閉鎖面疱ともいいます。皮脂が詰まって、クリクリとした塊を触れます。まだ、炎症はありません。この状態には抗生剤は効きません。ディフェリンゲル0.1%の適応です。


いわゆる黒にきびです。開放面疱ともいいます。閉鎖面皰の毛孔が開大し、酸化された皮脂がのぞいて見えるため、黒色に見えます。


ニキビ菌の増殖が始まると、炎症が生じます。その結果、紅色の丘疹が散在するようになります。押さえるとわずかに痛みを感じますが、ウミはでません。抗生剤の治療の適応が始まります。


一部はウミがたまり始めます。膿疱という状態になります。押さえると白いウミがにじみ出るようになり、痛みも少し強くなります。この状態ではディフェリンゲル0.1%の効果はありません。抗生剤の内服が有効です。


さらに進行すると、嚢腫、結節、瘢痕になります。こうなるには体質的な要素が大きく関係しますので、必ずしも通常のニキビがこのような経過をとるとは限りません。喫煙者に多く、タバコが何らかの増悪因子になっていると考えられています。

ニキビについてのQ&Aはこちらから

ニキビの治療

このようにさまざまの原因がありますので、それに対応した治療が必要です。また、症状に応じて、多くの治療を併用してニキビを抑えていくことが理想です。
  1. 男性ホルモンを抑える治療(ホルモン治療) (○)
    • 避妊薬である低用量ピル(マーベロンR)内服(思春期後のニキビ) (△)
    • スピロノラクトン内服(抗アンドロゲン作用)(○)
  2. 毛穴の角化を抑える治療
  3. 皮脂の分泌亢進を抑える治療
  4. 毛孔を破壊し、皮脂の貯留を防ぐ治療 (男性に有効)
  5. ニキビ菌の増加を抑える治療
    • 抗生物質内服(ミノサイクリン、テトラサイクリンなど)   (○)
    • 抗生物質外用(ダラシンTゲルR、アクアチムクリームRなど) (○)
    • 過酸化ベンゾイル外用 光治療(アイソレイズ、クリアライトなど)
  6. その他(漢方、保険適応)
    • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)  (○)
    • 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう) (○)
    • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)  (○)
    • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) (○)
    • 枝茯苓丸加苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん) (○)
    • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)  (○)

現在、当院で可能な治療を○を付けています。△の低用量ピルについては、基本的に産婦人科を受診して処方を受けて頂きます。
今後、他の治療についても勉強して治療の幅を広げる予定です。

こころ皮ふ科クリニックこころ皮ふ科クリニック

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303
TEL 082-849-5477
FAX 082-849-5478