本文へスキップ

西風新都のこころ皮ふ科クリニックです。皮ふ科一般の治療と皮ふ外科、レーザー治療を行っています。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.082-849-5477

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303

ウオノメ、タコclavus, tylosis

ウオノメ、タコとイボについて

ウオノメタコイボは混同されることが多い皮ふ疾患です。

確かに、「足の裏によくできる硬い皮疹」という共通点があります。
しかし、
@ ウオノメとタコは親戚です。
A イボは全くの他人です。

イボについては、尋常性疣贅(イボ)とはのページを参照してください。
ウオノメとタコは反応性の皮ふ病変ですが、イボはウイルスの感染症ですので、原因も治療も全く異なります。

ポイントは、
@ 小児にはウオノメ、タコは滅多にできません。ほとんどがイボと考えてよいいと思います。
A 青年、中年、壮年には、ウオノメ、タコ、イボのいずれもできます。頻度は同じくらいですので、部位と性状などで判断する必要があります。
B 高齢者にはイボはあまりできません。ウオノメ、タコの頻度が圧倒的に高いです。

ウオノメとタコは骨(ときには爪)と靴(ないし床)挟まれた皮ふが反応性に硬くなる疾患ですので、皮ふの下に筋肉などの柔らかい組織しかないところには滅多にできません。
おしりや太もも、腹部、背中などにウオノメ、タコができることはほとんどありません。この部位にできていれば、それはイボだと判断できます。



ウオノメ(鶏眼)

一般的には「魚の目」と言いますが、医学的には「鶏の目」を意味する「鶏眼(けいがん)」と言います。
ウオノメの一番の特徴は、
なんと言っても「痛い!」ことです。特に硬い床の上に裸足で立ったりすると、強い痛みを感じます。
どうして痛いのでしょうか?
それは、硬くなった皮膚が「トゲ」のように刺さるからです。



 角質が厚くなり、トゲのように皮ふに刺さります。
 歩くたびに、このトゲが圧迫され、強い痛みを感じるようになります。
 








そして、ウオノメの下には必ず「骨の突起(骨棘とも言います)」があります。
その意味では、ウオノメは皮ふの問題ではなく、骨の問題とも言える疾患です。
この骨の突起は、長年の歩行や加重によって生じます。そこには、ハイヒールなどの爪先歩き、先細の靴、テニスや柔道の前傾姿勢などなど、いろいろな要因が複雑に絡みます。リウマチなどの骨変形が生じる疾患でも生じます。







タコ(胼胝)

文章を入力してください。
文章を入力してください。
文章を入力してください。
文章を入力してください。

こころ皮ふ科クリニックこころ皮ふ科クリニック

〒731-3168
広島市安佐南区伴南1-5-18-8-303
TEL 082-849-5477
FAX 082-849-5478